加齢臭

汗や体臭は個人差だと考えて原因について深く考えたことってない方が多いですよね。 多汗症の人は特に悩まれたり諦めたりしていると思います。 多汗症は軽く見られがちな症状ですが汗を異常にかく病気の一つです。 全身から過剰に発汗される人と手のひらやわきなど一部が発汗する人がいます。 前者は全身性多汗症・後者は局所性多汗症になります。

動物性脂肪に偏った食事は体臭を悪臭へと変える要因になります。 特に腸内の環境はそのまま体臭へと反映されます腸内環境が悪化するとビフィズス菌が減少します。
ビフィズス菌ってよくヨーグルトのCMなどで耳にしますよね。腸内環境を守る重要な働きをしています。 ビフィズス菌が減少するとタンパク質やアミノ酸の分解が滞り悪臭の原因物質へと変化します。 これらの物質は血液を通して全身へと運ばれるので体臭の原因に繋がります。 特にアルコールの飲みすぎは厳禁です。また便秘も腐敗物が腸内に溜まることになるので注意しなくてはいけません。

またストレスは色々な不調を引き起こします。体臭に関してもストレスが関係しています。 睡眠不足やストレスを感じると皮脂線の働きが活発になり皮脂が異常に分泌されます。 分泌された皮脂が酸化して悪臭へと変わります。 ストレスと共に規則正しい生活を心がけることも重要です。 特に睡眠不足は体臭とともにお肌にも悪影響ですよ。

汗は体温調節する上で重要な役割を担っています。 最近はエアコンの復旧や汗をかくことを嫌う女性が増えたため汗をかきにくい人が増加しています。 しかし汗は重要な役割を担っているため全く汗をかかない人も健康には良くありません。 しかし汗をかくと蒸れて体臭が気になりますよね。頭皮・体・足・わきなど臭いが気になる人多いと思います。 特に夏の満員電車や社内、学校などは人が密集するので臭い気になりますよね。

汗をかくことで皮脂と混ざり合い雑菌が繁殖します。 この雑菌が悪臭を発生させているのです。 ただ体臭には遺伝も関係しているため個人差があります。特に男性は体臭がきついと有名ですよね。 加齢臭も加わるので大問題です。

スペシャルサンクス