治りの悪いニキビ

まさか三十代で『ニキビ』に苦悩させられるとは考えもしませんでした・・・。
今年入ってなお一層仕事で時間がなくなったけど、肌が弱っている実感はゼロでした。
いや、私は学生の頃から、肌が頑丈な種類の人間だったのかニキビで悩み苦しんだことはほとんど無かったんですよね。
。 髪が顔に触れるような感じだとニキビが悪くなっていく!!なんて言う、ニキビを気遣う友だちみんな口癖にいつも自分には関係ないとして気遣っていた事を覚えています。
それが最近になって、鼻の左横に大きなニキビお出まし。あごにあるしこりもニキビのたまご?
この年だとニキビと言う表現は違うのかしら?それでもニキビって言いますが。
今まで生きてきてニキビに苦労しなかったので、「はじめまして」って感じですから、どう向き合ったらいいのかヒントも浮かばないんです。
ニキビ系の基礎化粧品は持っていないし、保護の方法も知らない。
たくさん触ったらダメと思っても、なんてったって気になってダメ。
無論、毎日メイクするので、スキンケアしたあとの下地やファンデーションがお肌にとってマイナスだと感じているけど、メイクしないなんて無理で、今思えば肌をめった打ちにしてたのかも。
でも日々化粧するのはそうする他ないですから。
結局のところ、友達に尋ねまくった結果、肌の清潔をすることとと、基礎化粧を重点的にすること。
ただ・・・相当長い闘いでした。
おおよそ治ったかも?と思えたのは、にっくきニキビが出やがってきてから60日はかかりました。
毎日必ずシャワーしたら寝る前にはアクネ系の塗り薬でケアしました。
日中だとお客さんが来社しないときは、社内ですが塗り薬を塗ったままにしていました。
肌に詳しい子から、「心配なのはニキビ跡だよ」ってうるさいくらい言われていたので、無心で願うニキビ跡ができないで!という!そんな祈りもむなしくニキビができてからおおよそ5ヶ月、小さい声で言いますがニキビ跡になりました。
いまもニキビだった所が、分かりやすく赤茶色なんです。
「結構時間かかると思うから、どんどんきっと薄くなってくよ」と言うわずかな望みを聞いて、その後もひたすらニキビケアクリームは使っていたのにも関わらず、5ヶ月ですから。
もしかしたらの期待を「今はニキビがなくなるまでの我慢」ではなくて、大したニキビ跡ということと感づいています。
このワガママニキビ跡と一生涯付き合っていくの?!と思えば思うほど、ニキビができる前やそれの後も肌を思いやらなかったことを悔やむばかりです。
全然ダメだった自分がみじめな思いです。
皮膚科クリニックに行くこととか、今痛感してますが、お金を最小限にして元通りにぜひ戻してと毎秒浮かんできます。
戻れる方法、教えていただきたいです!


スペシャルサンクス