ご当地ラーメン 通販

ご当地ラーメンブームと「ラーメン本」
同様にインターネットで参加者によって口コミ的にラーメン店を評価するホームページやグルメ系ポータルサイトなども多数存在しており、 やはり食べ歩きの参考としてこれらの情報を利用する者も多い。また、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで販売される 生ラーメンやカップラーメンでも、人気のご当地ラーメン風の味付けをされた製品や、有名人気ラーメン店やその店主がタイアップした ラーメンが数多く販売されている。岐阜名産高山ラーメンを安い価格で!高山ラーメン通販.jpなら美味しいラーメン間違いなし!そして、これらの市場拡大によってラーメン専門のフードライターや評論家という、ラーメンを食べて評し、 記事を書く事を職業とする人物さえ幾人も登場している。
この様なご当地ラーメンが時に大きな市場や経済効果を作り出してきた一方で、「ご当地ラーメン」には、 単にラーメン店の店舗数が人口や市街地の規模に比して多いだけで、その地域の固有といえる特段の共通の特徴がなかったり、 マスコミに特集されるほどの質(味に加えて接客サービスなど)が伴っていない地域も存在している。ブームに便乗しようとする者も多く、 近年では観光振興、地域特産の農作物・水産物・調味料といった「ご当地食材」の知名度向上や消費振興などを意図して、 地元の商工団体や食品メーカーなどが企画した「ご当地ラーメン」が作り出され、地方公共団体の観光課や観光協会、「ご当地食材」 の生産者団体などと連携して過剰なマスコミ露出・宣伝活動を展開しているケースもある。
ライターの速水健朗によれば、このご当地ラーメンブームは三浦展のいう「ファスト風土化」 (主に1970年代あたりからモータリゼーションとともに日本の風景が均一化していったとする議論) と密接に結びついていると述べている[16]。すなわち、一見すると食文化の多様化を意味しているとも思えるご当地ラーメンブームは、 実際のところその地方固有の郷土料理にかわって観光化に適したラーメンが各地で登場するという画一化・均一化の象徴であるという。

1960年代から1970年代にかけて、日本の全国各地に形成されていた地域毎の独特のラーメンの味付けやラーメン文化の存在が次第に知られるようになった。
1980年代後半以降、日本全国の各地の多様なラーメンの文化に注目が集まる様になり、地域おこしの手段として注目され、 各地で名物ラーメンのPRが行われるようになった。これが「ご当地ラーメン」と称される食品群である。
これには、1960 - 70年代から既に高い知名度を持っていた札幌ラーメンなどが観光に大きく寄与していたことも与っている。 「札幌ラーメン」を謳ったチェーン店が全国に展開したり、インスタントラーメンの呼称に使われたりして、 まず札幌ラーメンの存在が全国に知られるようになった。その後、福岡県の博多ラーメンや福島県の喜多方ラーメンなどがブームとなった。
これらは「ご当地ラーメン」などと称され、観光資源として雑誌媒体、テレビマスコミでのPRなどに用いられる事が見られる様になった。 その後、これら「ご当地ラーメン」の個性を楽しむ人たちが増え、現在でもマスコミの取材などをきっかけとして 地域毎にラーメンブームの様相を呈することは珍しくない。また、これによって現在では旅行ガイドブックジャンルを細分化したジャンルの一つとして 「ラーメン本」が成立しており、観光地のみならず、東京都内など大都市圏の多ジャンルのラーメン店舗間の競合の激しい地域でも、 この本の情報を頼りにラーメンを食べ歩く者が多く見られている。

スペシャルサンクス